株式会社engroo

Column

国別オフショア開発の特徴

オフショア開発に取り組むことで、プログラム開発や人材確保などが可能です。日本人とほとんど同じ技術を持った海外のエンジニアに業務を委託することで、高い品質を低コストで抑えることができるのです。企業にとってメリットの多いオフショア開発は、様々な点から注目を集めています。

国別オフショア開発の基本データ

多くの会社が委託をしているオフショア開発は、様々な国で行われています。その国によって得意分野や特徴が違ってきますので、今後のために確認してみてください。

中国

オフショア開発の発注先として比率が高い中国。中国は基幹系システムや情報系システムが多く、WEBシステム開発も行われています。日本語能力が高い、企業力や創造力に強い人材が多い、オフショア開発の歴史が長く実績が豊富、様々な種類の案件に対応が可能といった特徴があります。

ベトナム

ベトナムでは、アプリ開発が1番の人気となっています。特定の分野に強みを持った会社が多いため、ピンポイントの案件に強いという特徴があります。また、ベトナムは親日でコストが安いという特徴もありますので、人気のあるオフショア開発先の1つです。

フィリピン

コンシューマの案件を得意とするフィリピンはデザインに強いといわれています。また、コーディングやコールセンター、データ入力、アプリ開発に向いている会社が多いため、今後も開発先として人気が続くと考えられています。

インド

インドではエンジニアの技術力が高く、最先端技術も取り入れているため、オフショア開発を行う会社はとても多いです。そのため、高度な専門技術の開発はかなり優れているといえます。

オフショア開発は様々な国で行われていますが、時差や人件費といった問題もあり、日本から近くて親日国の多いアジアで行われることが多いです。アジアだと時差がほとんどなく、人件費を抑えることもできますので、安心して任せることができるでしょう。

カンボジアのIT事情

カンボジアはモバイル端末の所有率が100%を超えていることもあり、IT分野に興味がある方が多いです。そのため、レベルの高い大学でITを学んだ方が育ってきており、レベルの高い開発を行える方も増えてきています。毎年多くのエンジニアが育てられ、生み出されているカンボジアに、注目している企業も多いでしょう。
また、カンボジアは親日で日本人への信頼度はとても高いといわれています。人件費も安く抑えることができますので、日本からするとビジネスの相手にはぴったりです。

弊社ではテスティング、プロジェクト開発、ラボ開発などのオフショア開発事業を行っております。カンボジアを中心としたアジア諸国の人材を活用していますので、コストを抑えることが可能です。また、日本のエンジニアがプロジェクト毎にサポート致しますので、安心してお任せいただけます。
弊社は安心の品質でサービスを提供していますので、オフショア開発に興味がある企業様は、お気軽にご相談ください。