株式会社engroo

Column

独居老人見守りシステム導入のタイミング

平均寿命の延びや少子化に伴い、日本は本格的な高齢化社会を迎えています。1人で日常生活を育む独居老人も多く、今後も65歳以上の高齢者人口は早いスピードで増加すると予測されています。そんな独居者の安全と安否確認を支援するために開発されたのが、弊社の独居支援システム「delfino(デルフィーノ)」です。独居者の豊かな生活と万が一のトラブルに備え、ぜひ導入をご検討ください。

転落事故防止に

独居者の家庭内事故として最も多く見られるのが「転落」です。特に、就寝時のベッドや階段からの転落、段差につまずいて怪我する方も多く、万が一打ちどころが悪ければ大怪我をすることにもなりかねません。本システムは独居者の生活を見守ると同時に、転落事故防止に役立つ機能が揃っておりますので、万が一の時に備えて導入をおすすめします。

スタッフの手薄になる時間帯に

本システムは老人ホームや介護施設でも多く利用されています。働くスタッフにとって入居者への安全管理と、自由に行動できる環境づくりは大切です。

しかし、入居者への送迎時間になるとスタッフも人手不足になりますし、事務作業に集中している時は入居者に「何か起きないか」「突然いなくならないか」などの不安により、心の負担が絶えませんでした。本システムを導入することで、スタッフにも心のゆとりが生まれ、手薄になる時間帯も安心して業務に専念できます。

認知症の方への安全に

独居者の中でも認知症を発症している方は多いです。初期症状としては物忘れなどの記憶障害から始まるケースが多いですが、進行すると妄想や幻覚、睡眠障害、徘徊など様々な症状が現れます。中でも、認知症による徘徊は危険を伴いやすく、家の外を歩き回るようになると、何らかの事故や犯罪に巻き込まれることにもなりかねません。

また、認知症の方が行方不明になる確率は高く、たとえ警察や地域住民に保護されたとしても、自分の名前や住所が答えられない場合、「何処の誰であるか」特定するのは困難です。本システムは動体検知センサーを標準装備しており、動きによる異常を感知しますので、徘徊によるひとり歩きを早期発見致します。認知症の方への安全と日常生活の不安解消に、ぜひ本システムをご活用ください。

弊社では、アプリケーション企画・開発・販売及び保守サービスをご提供しております。快適な生活環境を送っていただけるよう、デイケア支援システムや独居支援システムなどの製品を取り扱っております。携帯端末向けのアプリケーションサービスの導入をご検討中の方は、お気軽に弊社までご相談ください。