株式会社engroo

Column

オフショア開発のメリット

近年では、約半数の日本の企業が海外の開発会社などにソフトウェア開発やアプリ開発を委託する、オフショア開発を導入しているとされており、オフショア開発は注目を集めています。

そこで、こちらではオフショア開発のメリットについてご紹介致します。

オフショア開発とは

オフショア開発とは、アプリやシステム、ソフトウェアなどの開発を海外のソフトウェアベンダーや子会社などに委託することです。また、近年ではソフトウェアやシステム開発に加え、コールセンターやデータ入力など業務自体を委託するケースも増加しています。

オフショア開発のメリット

オフショア開発の始まりは、アメリカが開発コストの上昇を嫌い、コストの軽減のためにインドに進出したことだといわれています。オフショア開発先は、中国をはじめベトナムやインド、カンボジアなどが代表的です。オフショア開発のメリットには、以下のようなものがあります。

大幅にコストを削減できる

オフショア開発先の国は新興国が多く、国や開発先によって多少異なってきますが、エンジニアの人件費が日本の約3分の1から4分の1に抑えられるとされています。人件費を抑えることによって、大幅なコスト削減や売上利益の拡大につなげることが可能です。

優秀な人材確保が可能

現在の日本国内では、エンジニアが不足の傾向にあります。日本国内の人材不足の中、オフショア開発では、日本と変わらない優秀なスキルを持つエンジニアを確保することが可能です。

上記の他にも、大きなチーム編成が日本と比較して容易などのメリットがございます。

オフショア開発をお考えでしたら、ぜひ弊社にお任せください。
弊社では、プログラム開発をはじめ、データ入力やテスティングなどのオフショア事業を行っております。

ASEAN諸国のリソースを活用し、個人開発からラボ開発までお客様のご希望に沿った開発が可能です。
プロジェクトごとに、多くの経験を積んだ日本のエンジニアがサポートしますので、オフショア開発をお考えの企業様や団体様はぜひ弊社にご相談ください。